軟質ポリウレタンフォーム及びその製造方法

Flexible polyurethane foam and its production

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a soft flexible polyurethane foam suitable for seat backs of automobiles, etc., while using water alone as the blowing agent. SOLUTION: A flexible polyurethane foam is produced by reacting a polyisocyanate with a polyoxyalkylene polyol component at an isocyanate index of 70-90 while using water alone as the blowing agent. The polyol component used comprises a polyoxyalkylene triol (A) having a hydroxyl value of 60-80mgKOH/g and a content of terminal ethylene oxide units (based on all the alkylene oxide units added to an initiator; the same applies hereunder) of 5-30wt.%, a polyoxyalkylene polyol (B) having a hydorxyl value of 40-60mgKOH/g and a content of terminal ethylene oxide units of 5-30wt.%, and a polyoxypropylene polyol (C) having a hydroxyl value of 35-300mgOH/g in a wt. ratio of A to B of (100:0)-(50:50) and a wt. ratio of (A+B) to C of (95:5)-(70:30).
(57)【要約】 【課題】水のみを発泡剤として使用し、自動車等のシー トバック材に好適な、柔軟な軟質ポリウレタンフォーム を得る。 【解決手段】唯一の発泡剤として水を使用し、ポリオキ シアルキレンポリオールとして、(イ)水酸基価が60 〜80mgKOH/gであり、開始剤に付加する全アル キレンオキシド単位中、鎖末端にエチレンオキシド単位 を5〜30重量%含有するポリオキシアルキレントリオ ール、(ロ)水酸基価が40〜60mgKOH/gであ り、開始剤に付加する全アルキレンオキシド単位中、鎖 末端にエチレンオキシド単位を5〜30重量%含有する ポリオキシアルキレンポリオール、及び(ハ)水酸基価 が35〜300mgKOH/gであるポリオキシプロピ レンポリオール、の(イ)/(ロ)重量比100/0〜 50/50、かつ((イ)+(ロ))/(ハ)重量比9 5/5〜70/30である混合物を使用し、イソシアネ ートインデックスが70〜90の条件でポリイソシアネ ートと反応させて、柔軟で他物性、成形性に優れる軟質 ポリウレタンフォームを製造する。

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle